競技ドッジボールを知っていますか?(みつもと)

こんにちは!横浜SEED整骨院の光本です。
突然ですが、みなさん競技ドッジボールについてご存じですか?

誰もが一度はやったことあるであろうドッジボール。小学生のお昼休みにやったり、体育の授業でやったり、体育館、校庭、公園を使ったり、ときにはオリジナル地方ルールを作ってみたりと様々なドッジボールをやったことがあると思います。

そんなドッジボールが、正式な競技として存在しています!

競技ドッジボールは日本ドッジボール協会(JDBA)の公式ルールに基づいて試合が行われ、細かいルールや戦略があり、奥深いスポーツです。

JDBAドッジボール
公式ドッジボールのルール解説と基礎知識、大会案内と結果、各地のレポート。協会概要。

そして私、光本は実は競技ドッジボール経験者です!

今回この場をお借りして、競技ドッジボールについてざっくり紹介したいと思います!

ドッジボールのルール:基本編

競技ドッジボールはボール1つで行います。そのボールを投げあい、相手選手をアウト(内野から外野に移動させる)にして、最終的に内野人数の多いチームが勝利となります。

 

自陣敵陣ともに内野と外野に分かれ、試合開始時の外野に1名以上いる状態で試合が始まります。

ドッジボールのルール:人数

小学生の試合では、12名対12名で行われます。

一般社会人の試合では、8名対8名で行われます。

ドッジボールのルール:勝敗

1試合5分で行われ、試合終了時に内野人数の多いチームが勝利となります。

また、5分以内に内野の人数が0名になるとその時点でチームの敗北となります。

ドッジボールのルール:用語解説

ドッジボール独特の用語がありますので簡単にご説明していきます。

アウト・セーフ

相手が投げたボールをノーバウンドでキャッチできなかったり、当たってしまうとアウトになります。顔や頭にボールが当たった場合はセーフです。1度当たったボールをノーバウンドでキャッチした場合もセーフとなります。

ヘッドアタック

投げたボールが顔や頭に当たるとセーフとなります。ヘッドアタックが成立すると、相手の内野ボールから試合が再開されます。

キープ・フォー・ファイブ

試合中にボールを手に取ったら、5秒以内にボールを投げなければなりません。

ファイブパス

パスは4回までと決まっていて、5回目で攻撃をしないといけません。

まとめ

ざっくりと紹介しましたが、その他にも細かいルールが決まっています。みなさんが想像していたドッジボールとは少し違ったのではないでしょうか。

競技ドッジボールでは一般社会人の選手だと、球速が100キロ以上のボールを投げる人もたくさんいます!

参考動画↓

2018 J.D.B.A全日本選手権 決勝①ファルコンパパス(関西④)vsVegaes O3(関東③)

また、他の球技とは違い、試合時間は5分しかありません。つまり最初から最後まで全力プレーです!休む暇はありません!

そのようなスピード感と迫力あふれるのもドッジボールも魅力です。スポーツとしてのドッジボールを興味を持っていただけると嬉しいです!興味がありましたらぜひ私に聞いてください♪

 

来月で横浜SEED整骨院は5周年となります!近いうちに告知のお知らせもアップします♪
ぜひチェックしてみてください!

ご予約はコチラから↓↓
045-642-3951
便利なネット予約はコチラから

Googleレビューへのご協力お願いします
横浜SEED整骨院レビュー

横浜SEED整骨院公式LINEアカウント
友だち追加

あきらめていた痛み・つらさがございましたら、
ぜひ一度、私たちにご相談ください。

大倉山駅から徒歩1分・平日夜9時まで診療・年中無休
横浜市港北区・鶴見区の交通事故によるムチウチは当院へ!
横浜SEED整骨院
045-642-3951
www.seed-mmc.com
【横浜市港北区】交通事故治療取り扱い指定院
検索「大倉山 シード」
タイトルとURLをコピーしました