9月の肌を解説!(きくち)

こんにちは!
横浜SEED整骨院のきくちです( ´∀` )b
やっと涼しくなってきましたね♪秋らしくなり、気持ちよく外にお散歩に出かけられます

しかし、、、
季節の変わり目の肌トラブルは油断できませんヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ
特に9月は肌にとってさまざまな影響がでる月です。今回は9月の肌について解説していきます!

9月の美肌は今後一年を左右する!?

9月は気温の変化、湿度など外部の環境が変わることが肌にとっては大きな負担になります。また今年はコロナの影響により生活環境が変わったという方も多いのではないでしょうか。環境変化によるストレスはホルモンバランスにも影響を及ばし、肌荒れにつながります。

肌荒れが起こりやすい今だからこそ、ケアをしっかり行えば1年間きれいな肌を保ちやすいです。

だからこそ、この時期は肌ケアを本当に大切にしてほしいのです。
夏の肌ケアをあまりしてもなっかた人は、この記事を読んだらすぐに!今から!十分な肌ケアを行ってほしいですね。

気を付けるポイントは3つ★

紫外線

9月の紫外線のは8月に比べれば少なくなっていますが、紫外線の強さはまだ高いままです。繊維芽細胞やコラーゲンにダメージを与え、シワ、たるみを引き起こします。
涼しくなったからといって紫外線対策を怠ると、あっという間に肌荒れ、乾燥肌、敏感肌になってしまいます。紫外線対策は継続して行いましょう。

ただひとつ注意してほしいのが、紫外線対策グッズです。紫外線量は減っているため、真夏の時と同じSPF値の物を使うと、肌の負担が大きく肌荒れの原因になります。SPF値やPA値は低めの物を使用しましょう。

秋冬の紫外線ケアが美白への第一歩です!

ターンオーバー

9月は真夏のダメージが一気に肌に現れます。また、乾燥、花粉なども重なり、1年のなかでもターンオーバーが乱れやすい時期です。ターンオーバーが乱れることによって、夏盛んに生成され続けたメラニンが排出されずに滞り、シミやくすみにつながります。

ビタミン(キウイ、ナッツ類)などの美白効果、抗酸化作用のある食べ物(オレンジ、ほうれん草)を積極的に取り入れましょう。マッサージや美容鍼で新陳代謝を促し、ターンオーバーの乱れを整えましょう

 

水分量

クーラーや寒暖差などの夏特有の乾燥とは違い、秋は空気そのものが乾燥します。乾燥し、ごわついた肌は、潤いそのものの保持力も低下しています。夏にケアを十分に行っていなかったかたも今すぐに、保湿をしましょう。ただし、スキンケア用品はなるべく変えずに行ってくださいね。

感肌になりがちな9月は新しいスキンケア用品をつかうと、ダメージになってしまう場合があります。基礎ケアでしっかり、保湿しましょう。

さいごに…

1年のなかで肌の厚みは変わります。一番薄い時期は冬~春にかけて。夏のダメージをかかえたまま秋に入ると肌の艶感が失われ、肌が厚く硬くなってしまいます。肌のダメージが目に見えて現れます。美容鍼は肌のターンオーバーを整えるだけでなく、水分量をふやしたり、肌荒れをととのえることができます。また、基礎ケア用品の水分吸収力をアップさせ保湿力を持続できます。自信の肌バリア機能を高めるには最適です。一年にむけて、美容鍼ではだケアをしていきましょう!!!

美容鍼灸について詳しい内容についてもっと知りたい方はHPをご覧ください。

↓↓美容鍼灸のホームページはコチラ↓↓
横浜SEED整骨院【美容鍼灸について】

初回限定トライアルキャンペーン中

ご予約はコチラから↓↓
045-642-3951
便利なネット予約はコチラから

横浜SEED整骨院公式LINEアカウント
友だち追加

あきらめていた痛み・つらさがございましたら、
ぜひ一度、私たちにご相談ください。

大倉山駅から徒歩1分・平日夜9時まで
横浜の美容鍼灸は当院へ!
横浜SEED整骨院
045-642-3951
www.seed-mmc.com
検索「大倉山 シード」
タイトルとURLをコピーしました