野球肘・肩の痛み

「ボールを投げるたびに肘が痛む・・・」
「練習後に肘が痛い」
「肘の内側が少し出ていて痛いときがある」

主に野球をやっている子供たちに多いお悩みです。

野球は肘を酷使するスポーツのため、「肘の痛みはしかたないことだ」と痛みを我慢してプレーを続けている人も多いですが、それはオススメできません。

当院の野球肘の治療は、痛みの軽減・除去はもちろん、改善後の再発防止へのリハビリも力を入れております。

野球肘・肩とは?

野球肘・肩は野球などの投球動作がともなうスポーツのジュニア期によく起こる肘や肩の痛みを指します。痛みや、炎症の箇所で、細かい症状名はございますが、ここでは上記の症状を野球肘・肩と便宜上させていただきます。

原因は、成長期の骨や、関節がまだしっかりしてない状態でのオーバーユース(使いすぎ)によって、筋肉の付着部にストレスがかかり痛みや炎症を起こします。

痛みの好発部位は肘の内側です。
これは指や手首の筋肉(ボールをリリースする際に使う部位)が肘の内側に集中しているため、投球動作を繰り返すことで何度もこの部位に負荷がかかるためです。進行すると内側の骨の部分が膨らんでいるように見え、投球後は押すと痛みがでたりします。

酷くなると、ストレスがかかっている骨の部分が骨折したり、成長期の身体ですと骨の変形をきたしてしまうこともあります。そういったことが起こらないように、日頃のケアや痛みの初期の段階での治療が重要です。

「肘が痛いな…。」「肘まわりの筋肉の張りが強いな…。」と感じたらお早めにご相談ください。

横浜SEED整骨院の野球肘治療プログラム

当院独自の治療法で筋緊張部の緩和・痛みの改善はもちろん、痛みをとるだけでなく、機能改善トレーニングマシンの「ホグレル」を使って肩関節や、股関節の可動域をあげて、肘へのストレスを軽減することも同時におこなっていくことで再発の予防をします。

ホグレルは多くのプロ野球選手も利用する、動的ストレッチマシーンです。
詳しくはコチラ→ホグレルについて

急性の痛みをとるのに非常に有効な最新総合刺激機器ES-530も完備しています。

治療機器【ES-530】
オリンピックをはじめとした、多くのスポーツの世界大会などで活躍するアスリートにも支持信頼されている、㈱伊藤超短波社製の電気刺激療法機器(物理療法機器)です。
【横浜SEED整骨院・野球肘治療】
①肘・肩関節の連動性の強い関節である股関節と肩甲骨をより正しい位置に調整することにより患部への負担を軽減します。
②機能・柔軟性が低下している肩・腕周囲の筋肉に対して独自の手技療法・鍼治療・テーピング。
③オリンピックをはじめとした多くのスポーツの世界大会などで活躍するアスリートにも支持信頼されている、ES-530総合刺激機器を使用することにより痛みを早く取り除き、回復力を早めます。

便宜上、野球肘・肩とさせていただきましたが、テニスやゴルフ等でも起こる肘の痛みも同様に改善できますので、お気軽にご相談ください。

野球肘・肩でお悩み方、横浜SEED整骨院まで!!

横浜シード整骨院へのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら:045-642-3951

ネット予約はこちらから

タイトルとURLをコピーしました