足首をグキッと捻った。足関節捻挫の症状と種類

今回は「足関節捻挫」についてお話ししたいと思います!

歩行中に足首を捻ったりした経験もある方もいらっしゃると思いますので、割と身近なのではないでしょうか?

足関節捻挫って?

足関節捻挫は、足首を捻った際関節が可動域の限界を超えた動きをしてしまい、周囲の靭帯や軟部組織を損傷してしまうことで、以下の症状が現れます。

【足関節捻挫の症状】
・痛み

・関節の不安定性
・腫脹(腫れ)
・熱感
・皮下出血

損傷度を示す指標にもなるので、足関節捻挫の場合いくつ症状が出ているのか確認が必要です。

足関節捻挫の種類

足関節捻挫は2種類に分けられます。

内反捻挫

外反捻挫


足首を捻る方向によって名称が異なります。

内反捻挫が8割以上を占めると言われていますが、どちらの捻挫をしたかによって損傷部位、固定、リハビリが変わってきますので注意が必要です。

3.内反捻挫

足関節捻挫の8割以上この内反捻挫と言われている理由として、2つ挙げられます。

・関節の可動域が内返しの方が広いため
・動きを制限するための靭帯が内側の方が強力なため

自分で足首を動かして分かる通り、内返しの方が外返しに比べて可動域がかなり広いですよね。
それだけ内返しをしやすい様に体は作られています。

この内返しをした際、足首の外側の靭帯が伸ばされ損傷してしまいます。

捻挫の損傷の度合い・治療期間

靭帯の損傷の仕方により、症状の重さを3段階に分け治癒期間を判断します。

Ⅰ度 靭帯の微細損傷

軽く捻った程度で、受傷直後でも歩行や軽い走行も可能な状態です。
1週間程度で競技復帰ができます。

Ⅱ度 靭帯の部分断裂

腫脹が強く、歩行の際足を引きずるような動作になってしまう状態です。
皮下出血が起きる場合もあり、包帯や装具を使い2~3週間の安静が必要です。

Ⅲ度 靭帯の完全断裂

腫脹、皮下出血ともに強く、痛くて歩けない状態です。

症状によっては手術をする場合もあり、装具を使い4週間以上の安静が必要です。

足関節捻挫の損傷度合い簡易チェック

大雑把ですが、足関節捻挫の損傷度合いの判断は

1.歩ける
2.何とか歩ける
3.歩けない

と覚えてみて下さい。


固定法も捻挫の損傷度合いや捻挫の種類によって異なります。固定法については別記事でご紹介します。

当院では足関節捻挫の早期回復、再発防止に力を入れるため、最新の医療機器、国家資格を持ったリハビリのプロが在籍しております。

足関節捻挫でお悩みの方は、横浜SEEd整骨院へお気軽にご相談下さい。

ご予約はコチラから↓↓
045-642-3951
便利なネット予約はコチラから

Googleレビューへのご協力お願いします
横浜SEED整骨院レビュー

横浜SEED整骨院公式LINEアカウント
友だち追加

あきらめていた痛み・つらさがございましたら、
ぜひ一度、私たちにご相談ください。

大倉山駅から徒歩1分・平日夜9時まで診療・年中無休
横浜市港北区・鶴見区の交通事故によるムチウチは当院へ!
横浜SEED整骨院
045-642-3951
www.seed-mmc.com
【横浜市港北区】交通事故治療取り扱い指定院
検索「大倉山 シード」
タイトルとURLをコピーしました