脊柱管狭窄症について

日本人の8割が腰痛を抱えているといわれます。

今日は、その腰痛の中のひとつ『脊柱管狭窄症』についてお伝えしていきたいと思います。

脊柱管狭窄症について

【脊柱間狭窄症】とは、なんらかの原因で背骨の骨の隙間が狭くなって、腰痛や足のしびれなどの神経症状を起こすものです。

生まれつき脊柱管が狭い先天性の場合もありますが、変形性脊椎(せきつい)症による椎体の骨棘(椎体外側にできる骨のとげ)や、変性すべり症、椎間板の膨隆、黄色靱帯の肥厚、椎間関節の肥厚変形など、背骨に加齢に伴う変化が加わることが原因で脊柱管の狭窄が起こると言われています。

上記は難しく書きましたが、先天性(生まれつき)のものを除いては、問題が起こっている箇所に負荷がかかり続けて、長い年月をかけて、骨の変形などを起こして発症すると考えられます。

脊柱管狭窄症の予防は、負荷を分散できるようなからだづくりや、どうしても負荷のかかるお仕事であれば、からだの使い方の工夫が必要です!!

当院での治療は、手技による負荷の分散、関節可動域の改善、からだの使い方の指導、ご自宅でのセルフケアの指導などを行っております

脊柱管狭窄症セルフチェック

脊柱間狭窄症の簡単チェックリストを用意しましたので、お悩みの方は是非お試しください。

チェック項目
□60歳以上である

□腰痛が3週間以上続いている
□長時間歩けなないが、休むと楽になる
□背筋を伸ばすと、症状が悪くなる
□前かがみになると楽になる
□腰から脚に掛けてシビレ、または脱力感がある

脊柱管狭窄症は、早期発見・早期治療が非常に有効です。
三つ以上当てはまる場合は、一度ご相談いただくことをおすすめします。

昨今、非常に多くの方が抱えている症状のひとつです。

脊柱管狭窄症でお悩みの際は、ぜひ一度当院にご相談にお越しください。

ご予約はコチラから↓↓
045-642-3951
便利なネット予約はコチラから

Googleレビューへのご協力お願いします
横浜SEED整骨院レビュー

横浜SEED整骨院公式LINEアカウント
友だち追加

あきらめていた痛み・つらさがございましたら、
ぜひ一度、私たちにご相談ください。

大倉山駅から徒歩1分・平日夜9時まで診療・年中無休
横浜市港北区・鶴見区の交通事故によるムチウチは当院へ!
横浜SEED整骨院
045-642-3951
www.seed-mmc.com
【横浜市港北区】交通事故治療取り扱い指定院
検索「大倉山 シード」
タイトルとURLをコピーしました