分離症・すべり症だから仕方ない…と諦めないで!

今回は「分離症、すべり症」についてお話ししたいと思います!!

腰が痛くて整形外科に行って「分離症、すべり症」と診断されたという方は多いと思います。

「痛いのは分離症、すべり症だから仕方ない」と諦めていた方も多いようです。正しく症状を理解し、「分離症、すべり症でも腰痛は治る」と言う認識にして頂ければと思います。

分離症、すべり症って?

小学生から高校生の成長期の時期にジャンプや回旋運動などのストレスにより、背骨が疲労骨折を起こしてしまう場合があります。この骨折が治らず離れたままの状態(偽関節)が腰椎分離症です。

次にすべり症ですが、すべり症は2つのタイプに分けられます。

1つ目が、分離症からすべり症に移行してしまう分離すべり症です。
腰椎分離症で不安定になってしまった椎体が前方にすべってしまった状態です。

2つ目が、分離症を伴わない変性すべり症です。
椎間板の変性や椎間関節の変形によるものが多く腰部脊柱管狭窄症の原因の一つと言われています。

すべり症は、前方に滑ってしまった骨が神経を圧迫し、しびれや筋力低下を起こしやすい症状です。長時間の同じ姿勢で下肢にしびれを感じる場合や、腰の痛みが増す場合はお早めにご相談下さい。

分離症・すべり症の痛みはとれるの?

骨が折れたり、その骨が前方にすべってしまったりと、そこを聞くととても痛そうで治らなさそうですよね…。

しかし、実はこの腰椎分離症、運動している子の30%~40%が発症していると言われています。
運動している子の30%~40%も腰痛の方っていませんよね。

この腰椎分離症、骨折して偽関節になっている部分に痛みを感じるのではなく、腰椎が分離し不安定になってしまった腰を支えるために、周囲の筋肉に過度の負荷がかかり痛みが出る症状なのです。

実際に、腰椎分離症で自覚症状がない方は非常に多いと言われています。

腰椎分離症と診断を受けた場合でも、痛みを改善することができますので、諦めず是非一度ご相談下さい。

横浜SEED整骨院ではどういう施術をするの?

分離症・すべり症の方は、ももの裏の筋肉(ハムストリング)が硬い方に好発すると言われています。ハムストリングと腰部の筋の関係性が密接であるから、ハムストリングの硬さが骨盤の後傾に関係するからです。

当院では3つの方法で、痛みを取るだけでなく、根本原因を取り除けるよう施術を行います。

1.マッサージ・ストレッチ

痛みの原因となっている腰部の筋緊張を取り除くため、患部のマッサージ・ストレッチ、患部に関係性のある部位のマッサージ・ストレッチを行い、根本原因である柔軟性の欠如や身体の歪みを改善していきます。

2.総合刺激装置ES-530による電気治療

ES-530はオリンピックをはじめとした、多くのスポーツの世界大会などで活躍するアスリートにも支持信頼されている電気刺激総合機器です。
患部の治癒促進、痛みの除去に効果的です。

3.ホグレル

ホグレルのトレーニングは専用のマシンを使い、比較的軽い負荷で肩甲骨周辺や股関節周辺の筋肉をリラックスした状態で、繰り返し動かしていきます。

筋肉をリラックスさせて繰り返し動かすことで、血流を促進しながら筋肉を柔軟にすることが出来ます。また、関節の可動域を増やし、正しい動作を覚えることにより、身体に負担のかからない日常生活動作を覚えることができます。


当院では早期回復、再発防止に努めるため、カウンセリング、触診、検査に重点を置きお身体の根本原因を突き止めます。

腰痛、分離症、すべり症でお悩みの方は、是非一度横浜SEED整骨院へお気軽にご相談下さい。

ご予約はコチラから↓↓
045-642-3951
便利なネット予約はコチラから

Googleレビューへのご協力お願いします
横浜SEED整骨院レビュー

横浜SEED整骨院公式LINEアカウント
友だち追加

あきらめていた痛み・つらさがございましたら、
ぜひ一度、私たちにご相談ください。

大倉山駅から徒歩1分・平日夜9時まで診療・年中無休
横浜市港北区・鶴見区の交通事故によるムチウチは当院へ!
横浜SEED整骨院
045-642-3951
www.seed-mmc.com
【横浜市港北区】交通事故治療取り扱い指定院
検索「大倉山 シード」
タイトルとURLをコピーしました