手首の痛みの代表格『腱鞘炎』を知ろう

手を良く使う仕事の方や、家事や育児で手をたくさん使う主婦の方に多い『腱鞘炎』。
なかなか手を安静を保つことが難しい為、治りが悪く長期にわたり痛みが続き、当院にもご相談の多い症状の一つです。

今回は、手首の痛みの代表格の『腱鞘炎』について解説します。

手首の痛みの代表格『腱鞘炎』

「腱鞘炎(けんしょうえん)」とは筋肉の先端部分である腱と、それを押さえつけるためにある腱鞘との間で起こる摩擦による炎症です。

手や指を動かす動作は、手や指の筋肉だけでなく、手首から肘の間にある前腕の筋肉も動いています。

前腕の筋肉が動くことによって、指を曲げたり伸ばしたりという動作を力強く行うことが出来ます。その腕の筋肉の動きを指に伝えているのが、「腱(けん)」という太いロープのようなパーツです。

そしてこの腱は、指を動かす際に変な位置にズレないよう、「腱鞘(けんしょう)」という名のトンネルの中に入っていて、固定されています。なので、腱が動く際は、その腱鞘という名のトンネルの中を動くことになります。

指を動かす際は、この腱と腱鞘との間で摩擦が生じます。
指を過度に動かすと、この摩擦で炎症を起こしてしまい、痛みに繋がってきます。

パソコン作業や、スマホの操作もですが、他にも指を使う動作が非常に多い現代では、腱鞘炎でお悩みの方も非常に多いです。

腱鞘炎が長引く理由

放置しておけば治るだろうと考え、症状が長引いてしまっている方、悪化してしまった方も多いと思います。

その原因の多くは、手は日常生活の中でも使うため安静を保つことが難しいのが要因の一つです。
また、肩関節や体幹などの筋肉の硬さなどが根本的な原因であることも多く、その根本の原因を解決できていないがために痛みが長引いていることも要因となります。

腱鞘炎の治療法

基本的には「炎症」ですので、動かさないことが治していく上で一番大切です。

炎症とはもともと体を治すための反応で、痛みが発生するのは動かして欲しくないサインです。安静にしておくことで、痛みが改善していくことがかなり多いと思います。

しかし、それでも改善してこない方、動かさないということが都合により出来ない方、早期回復を目指される方は当院の治療をおすすめします。手首に負担がかかるような身体の使い方や、身体の硬さなども同時に治療していくことで長引く痛みの改善や、早期回復に繋がります。

当院ではこのような炎症に非常に効果的な「ES-530」というオリンピック選手も使用している最新治療機器を使用し、独自の根本原因を突き詰め、治療効果を促進させ、早期回復、再発防止にも取り組んでいきます。

腱鞘炎のテーピング法

軽度の腱鞘炎にはテーピングやサポーターで保護してあげることで痛みが軽減したり、手首の安静を保つことが出来ます。

簡単なテーピング法を紹介した記事がございますのでご参考にしてください。

おすすめサポーター

まとめ

腱鞘炎は身近に多い症状のため、安易に放置してしまい長引いてしまったり重症化してしまうことも多々見受けられます。

一番は、手や指をなるべく使用しないで安静に保つこと。
どうしても使用するのであれば、テーピングやサポーターで保護してあげることが大切です。

どんな痛みにも共通ですが、症状が出始めでの受診が最も早く治る近道です。

「腱鞘炎かな?」と思ったらお早めに当院にご相談下さい!

ご予約はコチラから↓↓
045-642-3951
便利なネット予約はコチラから

Googleレビューへのご協力お願いします
横浜SEED整骨院レビュー

横浜SEED整骨院公式LINEアカウント
友だち追加

あきらめていた痛み・つらさがございましたら、
ぜひ一度、私たちにご相談ください。

大倉山駅から徒歩1分・平日夜9時まで診療・年中無休
横浜市港北区・鶴見区の交通事故によるムチウチは当院へ!
横浜SEED整骨院
045-642-3951
www.seed-mmc.com
【横浜市港北区】交通事故治療取り扱い指定院
検索「大倉山 シード」
タイトルとURLをコピーしました