ジャンプ競技者を悩ます膝痛【ジャンパー膝】

よくある症状

膝の痛みの中で、ご相談の多い『ジャンパー膝』。バレーボールやバスケットボールのようなジャンプ競技のスポーツ中に、膝の痛みとして現れるジャンパー膝。特に活動量の多い学生に多い膝痛です。

本日は『ジャンパー膝』について解説していきます。

「ジャンパー膝」とは

ジャンパー膝は正確には「膝蓋腱炎」と呼ばれ、膝のお皿の下辺りに痛みが出る症状です。

名前のとおりジャンプ競技者に多くみられ、バレーボールやバスケットなどのジャンプ動作を繰り返し行う競技で最も多くみられます。また、サッカーのキックやダッシュでも発症することがあります。

膝を曲げ伸ばしする際に使う、太もも前面の筋肉(大腿四頭筋)の柔軟性の低下により、膝のお皿の下にある靭帯(膝蓋腱)に牽引力が発生します。
膝蓋腱にこのようなストレスが蓄積することで、膝蓋腱に炎症が起こり、膝に痛みが生じるのが膝蓋腱炎です。

ジャンプの着地の際に膝関節には、約1tの衝撃がかかると言われています。この動作を繰り替えすことにより、発症する場合が多いので「ジャンパー膝」と呼ばれています。

特に12歳~20歳の男性に多くみられ、身長の高い人に多いというのが特徴です。

余談ですがバレーボール全日本の選手のうち、膝に悩みを抱えている選手が30%程だそうです。

ジャンパー膝のセルフチェック

ここで、ジャンパー膝の簡単チェック方法がありますので、気になる方は是非お試し下さい。

チェック項目

①うつ伏せになり、痛いほうの膝を曲げていきます

②ここでこのようにお尻が上にあがってしまうとジャンパー膝の疑いがあります。

ももの前面(大腿四頭筋)が突っ張り、その痛みから逃れる為にお尻が上がってしまいます。

ジャンパー膝・セルフケア

次に、自分でできるジャンパー膝の簡単セルフケアをご紹介します。

セルフケア

①運動中や運動後に痛みが出る場合は、大腿前面のストレッチと局所の練習後のアイシングを徹底します。
※患部に痛みの出る場合、すぐに中止して下さい。
※ストレッチをやる際は、伸びていると感じる程度の負荷で30秒程度行って下さい。
◆大腿四頭筋のストレッチ

◆腸腰筋のストレッチ

②運動中や運動後以外にも痛みが出る場合は、患部の安静を保持できるようにします。

他にも、身体のバランスや使いかた、姿勢や足の着き方なども影響してしまいます。

上記のセルフケアでも治らなかった方、少しでも早く治したい、再発を予防したい方は是非一度、当院にご相談下さい。

おすすめ膝サポーター

▽▼動画でもご紹介していますのでよかったらご視聴ください!▽▼

【迷ったらコレ】CW-X膝用サポーター コスパ最強サポーター【おすすめサポーター編 第一回】:No12
ワコールCW-Xの『膝用サポーター』のおすすめ理由を解説。膝用サポーターをお探しの方のご参考になれば嬉しいです。ご視聴いただきありがとうございます。【健康を願うすべての人へ】有益な情報をお届けできる動画配信を目指していきます。チャンネル登録&ご質問お気軽にお待ちしております♪◆CW-X 膝用サポーター(メンズ)【...

▼▽ご予約はコチラから▼▽
045-642-3951
◎便利なネット予約はコチラから

▼▽LINEから予約はコチラから▼▽

◎Googleレビューへのご協力お願いします
横浜SEEDのレビューをする

◎横浜SEED公式LINEアカウント
友だち追加

▶ちゃんねるしーど|横浜SEED治療院Youtubeチャンネル

 

大倉山駅から徒歩1分・平日夜9時まで診療・年中無休
手技療法×鍼灸×美容鍼×産後の骨盤矯正×吸い玉療法×パーソナルトレーニングの総合治療院
YOKOHAMA SEED|横浜SEEDはり灸・マッサージ治療院×SEED GYM
045-642-3951
www.seed-mmc.com
タイトルとURLをコピーしました