足首捻挫を早く治したいときにやるべきこと4選

今回は足関節捻挫シリーズの第3弾。

『足首捻挫を早く治すためにはどうすればいいのか?』

そのために、自分でできることをお伝えしたいと思います!

これまでの足関節捻挫シリーズはコチラ

足首捻挫を早く治したいときにやるべきこと4選

足首を捻ってしまっても安静にしていれば2~4週間程度で回復しますが、大会が近いや、仕事で1週間後に歩かないといけないことってありますよね。

1日でも早く足首捻挫から回復するためにやるべきことを4つご紹介します!

 冷やす→温める

捻挫をしたばかりの頃は、毛細血管が切れて内出血をしている状態です。

症状によって変わりますが、受傷後約48時間は炎症期と言われこの内出血をしている状態が続きます。
内出血をしている状態で暖めて血流を良くしてしまうと、内出血の量が増え、結果腫れが強くなってしまいますので、1日から2日目までは冷やすことにより血流を悪くして、腫れを抑えることが大切です。

約48時間の炎症期が終われば、そこからはしっかり温め血流を良くしましょう。
血液は怪我を治すための栄養や酸素を運んでくれます。これにより治癒促進効果が期待できます。

温めるか冷やすかを判断する方法として、温めた際ズキズキすれば冷やす、ズキズキしなければ温めると判断して下さい。

お酒を控える

先ほどと同じで、炎症期に血流をよくしてしまうことは控えましょう。

また、炎症期が終わったとしても、アルコールを分解する力を使うのに怪我を治す力弱まってしまいます。

受傷後2日は必ず控え、できれば腫れが引くまで飲まないことがオススメです。

足に布団を掛けない

寝る時につま先まで布団を掛けていると、足首が内側に倒れ症状を悪化させてしまう場合があります。

足首は構造上内側に倒れやすくなっています。布団をつま先まで掛けた場合、内側に倒れすぎてしまい炎症を強くしてしまう場合がありますのでお気をつけ下さい。

かといって、つま先を布団から出すのは寒いので、オススメはこの状態です。

食事、睡眠の質を高める

身体を作るのは「食事」です。また、身体を回復させるのは寝ている時間です。

バランスのよい食事を心がけ、良質な睡眠をとることが、回復力を高めることができます。

特に身体を作る材料となり、日本人の食生活に不足しやすいといわれている栄養素のたんぱく質を意識して食べることをお勧めします。

1人暮らしの方や仕事で忙しい方は、食事や睡眠がおろそかになってしまっていることも多いと思いますが、怪我の回復が遅れる原因になりますのでお気をつけ下さい。

まとめ

言われて見れば基本的な4項目ですが、この基本を守るだけでも回復までに要する期間が大幅に変わります。

この基本4項目に正しいタイミングでのリハビリが行えれば、相乗効果で更に回復が早まります。

当院では早期回復に効果的な治療機器を完備しており、足首のリハビリもお体の状態に合わせて行います。足関節捻挫を早く治したい方は横浜SEED整骨院にお気軽にご相談下さい!

横浜シード整骨院へのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら:045-642-3951

ネット予約はこちらから

 

タイトルとURLをコピーしました