三浦選手が来院されました(ちば)

こんにちは。横浜SEED整骨院の千葉です。

当院でオフィシャルにサポートさせていただいております、アイスホッケープレーヤーの三浦優希選手が、お忙しい中でお時間をいただき当院にご来院してくださいました。
(三浦選手については以前、ブログでご紹介しましたがまだ読んでない方は下記リンクをご参考ください。)

三浦選手は、アメリカのレイクスーペリア州立大学を今春に卒業し一時帰国しています。現在は次のステップである海外のプロリーグチーム加入のトライアウトに向けて国内でトレーニングなどを行い準備をされています。
ご来院された日も、トレーニングの合間にお見えになってくださいました。

スポーツによる海外留学のお話や、氷上以外での活動など貴重なお話をたくさん聞くことができ大変勉強になりました。

少しお時間もありましたので、施術も行わせていただきました。
これまで他競技のプロアスリートや実業団の方の施術も行った経験はありましたが、アイスホッケー選手は初めてでした。三浦選手も、さすがアスリートだなというお身体でした。

我々の仕事に通じるお話で、少し印象的なエピソードがありましたのでご紹介します。

三浦選手に「これまで大きなケガはなかったですか」と質問しましたところ、中学生時代に腰椎分離症に悩まされたことがあり、一年間ほど練習を休んだということでした。(腰椎分離症はスポーツを行っている学生に起こりやすい代表的なケガの一つです。)

このお話で三浦選手が、『きちんと治るまで休んだ』というところが素晴らしいなと思いました。

腰椎分離症は程度にもよりますが無理をすれば動ける怪我です。多くの学生が「練習を休みたくない」「試合にどうしても出たい」という想いから、無理をして練習や試合に参加してしまうケースが多いです。
無理をして動いてしまうと、きちんと体が治らず体のバランスも崩してしまいます。場合によっては、トップレベルを目指すのは難しくなるほど状態が悪くなってしまうこともあります。しっかりと治さなかったことで、大人になってからも腰痛を引きずっている方も非常に多いです。

練習や試合を休むというのは、勇気や決断力のいるものです。
しかし、高いレベルの競技者を目指すのであれば、将来を見据えて『休むべき時はきちんと休む』ことがとても重要です。
三浦選手が現在も高いレベルでプレーを続けられているのは、こういったコンディショニング面での意識の高さもきっとあるのだなと感じるエピソードでした。

当院にも「どうしても休みたくない」という学生アスリートなども多数来院しています。
選手の気持ちもわかりますが、先を見据えて正しいアドバイスを行うことが改めて大事だなと感じるお話でした。

他にもたくさんお話を聞かせていただきましたので、また機会を作ってご紹介していきたいと思います。

シーズンが始まる秋前頃にトライアウトに向け出発されるそうなので、それまでケガのないように頑張ってください!

院内に頂いたサインと昨シーズンの大学全米大会に出場した際の記念Tシャツを飾ってありますので、ご来院の際にぜひチェックしてみてください。

三浦優希

関連リンク

▼▽ご予約はコチラから▼▽
045-642-3951
◎便利なネット予約はコチラから

▼▽LINEから予約はコチラから▼▽

◎Googleレビューへのご協力お願いします
横浜SEED整骨院レビュー

◎横浜SEED整骨院公式LINEアカウント
友だち追加

▶ちゃんねるしーど|横浜SEED治療院Youtubeチャンネル

 

大倉山駅から徒歩1分・平日夜9時まで診療・年中無休
手技療法×鍼灸×美容鍼×産後の骨盤矯正×吸い玉療法の総合治療院
横浜SEED整骨院
045-642-3951
www.seed-mmc.com

【編集後記】

これまでたくさんのアスリートを施術しましたが、三浦選手もさすがアスリートといったフィジカルでした。写真等でみると、ほっそりされている印象だったのでアスリートにしては細めの感じだと想像していましたが実際はがっちりとした体でした。
競技の種目によってからだの発達している部位が異なるのですが、すべての高いレベルの競技者に共通しているのは臀部(お尻)が特に発達している印象です。
野球のイチロー選手も股関節や、骨盤の重要性をよくお話しています。三浦選手のからだを診て、やはりそうかといった感想でした。私の施術したアスリートの経験上でもスポーツにおいてフィジカル面で臀部は特に重要なのかなと考えられます。
臀部が発達するような動作が出来るからパフォーマンスが高いのか、それとも臀部を発達させるトレーニングを意識的に行ったから高いパフォーマンスが可能なのかといった面も考える余地がありそうですね。三浦さんの施術を通して、さらに見解が深まり勉強になりました。

error:右クリックはご利用いただけません。
タイトルとURLをコピーしました