シンスプリント(すねの内側の痛み)のキネシオテーピング

こんにちは。大倉山駅前・横浜SEED整骨院です。

今回も日常生活で便利に使えて、自宅で簡単に巻けるテーピングをご紹介いたします!

今回のテーピングは『シンスプリント(すねの内側の痛み)』のキネシオテーピングです。

シンスプリントのキネシオテーピング

動画でもご覧いただけます↓

⇒youtubeはコチラから

チャンネル登録も、ぜひお願いします♪

キネシオテープ・シンスプリントの貼り方

  1. 足の甲の親指の付け根あたりから、膝の内側のあたりまでの長さのテープを用意します(5cm幅)(四方の角を丸く切っておくとはがれにくいです。)
    ※足首は90度の角度で行います。
  2. 足指の付け根にテープを貼り、続いて膝の内側下も貼ります。
  3. 引っ張らずに空気が入らないように貼ります。

    ※貼る際は、テーピング自体が伸び縮みしますが、過度に強く引っ張る必要はないのでテープは引っ張らずに貼りましょう。
  4. 違和感がないか確認しましょう。

    注)テーピングの粘着部分でかぶれたりする際がございますので、皮膚に異変を感じたら直ちにはずして下さい。

おすすめキネシオテーピング

おすすめサポーター

こんな症状の方にオススメです!!

  1. すねの内側が痛む
  2. 歩行やランニングですねの内側に痛みがある

軽度のシンスプリントやランニングやスポーツ中にすねの内側が傷むときなどに有効です。

痛みなどが強いときはしっかりとした治療やテーピングのやり方もしっかりとした固定が必要なこともございます。痛みが強い場合などは早めに専門家に相談しましょう。

スポーツ障害は横浜SEED整骨院にご相談下さい

当院は、痛みやつらさの改善に向けて完全サポート致します。

独自の施術、最新の総合刺激機器、24時間対応ネット予約受付、駅徒歩1分・平日夜9時まで診療・年中無休と、痛みの改善はもちろん継続して治療を受けやすい環境となっております。

スタッフ一同最後までサポートしますのでご安心下さい!お困りのことがありましたらお気軽に当院にご連絡下さい!!

体が今どのような状態になっているのか、日常生活での注意点などもご説明しますので、安心して施術を受けていただけますよ(^○^)/

横浜SEED整骨院は皆様の健康をサポートします!!!

タイトルとURLをコピーしました